+お勧めしたいモノ

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< November 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< となりの俺は笑っている | main | 中学生日記 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
四月のアラベスク
PLUSTIC PLASTICS 03
「四月のアラベスク」

作・演出:大島怜也
日程:03年4月11〜13日(5ステージ)
劇場:中野ウエストエンドスタジオ

CAST
森畑 桜:志賀聖子
佐倉 綴:野原千鶴(ブルドッキングヘッドロック)
皆森 詩織:吉村朋子(TEAM 発砲・B・ZIN)
三石 麻衣子:土肥サチコ
春里 町子:芹澤セリコ
甘粕 梢:和田美津子
生方 香澄:永渕倫
雨宮 灰二:大島怜也
朝本 宙陽:西永貴文(猫☆魂)
市ノ瀬 亘:井澤崇行
赤い彗星:中尾貴宏
さくらっ子倶楽部:佐々木キミテル

プラプラ3回目。
個人的に女芝居はあまり好きではないので正直な所前回の方が好きだけど出来としては前回と同等クラスだと思う。
映像の文字が速すぎて読めないとか、セットの一部の電気スタンドが邪魔で見えにくい言うのが致命傷でちょいと残念ではあったけど。
プラプラの稽古場はいつもいざこざの嵐だけど今回は女性が多い事もあり特に傾向が強く、演出は女優をまとめるのが如何に大変か身をもって味わってました。
自分の役としては嫌な感じの役が出来るかも?という新境地が開けそうなのがちょっと収穫。
動員は増えねど美術費はかさむと言った悪循環で結構赤字になってしまう。借金地獄。
| - | 01:42 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 01:42 | - | - |