+お勧めしたいモノ

無料ブログ作成サービス JUGEM

paperboy&co.
RSS 1.0
ATOM  0.3
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 毎巻恒例 | main | かつやらしい一品 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
久々の衝撃
マームとジプシー「ハロースクール、バイバイ」を観る。



元々は全然知らなかった劇団で、先日参加したワークショップオーディションをきっかけに初めて知ったのですが、その時のワークショップがなかなか面白かったので、おそらく舞台も面白いんじゃないかと予想はしてたのだけれど、この想像を上回る面白さだったのです。

同じ台詞・シーンを繰り返すうちに産まれるリズム。
単に繰り返すのではなく、視点が目まぐるしく変化しつつ、一回一回が経験として蓄積され、物語に深みを増していく感覚。
甘酸っぱさの中に笑いも内包、それが付け足し笑いではないリアリティ。

それほど舞台の数を観てないし、その中でも凄いなと思ったのは本当に数少ない中で、本当に貴重な感覚だったのです。
NODA・MAP(農業少女)、ナイロン100℃(ナイスエイジ)、ヨーロッパ企画を初めて観た時以来の衝撃。

まだ劇団の規模としては発展途上のようですけど、相当伸びしろがあると思うので、来年2月の次回公演もとても楽しみ。

そして、自分が所属してる劇団「PLUSTIC PLASTICS」主宰の大島さん(ツイッターhttps://twitter.com/ReiyaOshima、ミクシィhttp://mixi.jp/show_profile.pl?id=7685924&from=navi)が、前述のワークショップオーディションを通じてこの次回公演に出れる事になってるのがとても嬉しく思うのです。
元々役者大島怜也が久々に観れるだけでも単純に楽しみだったのだけれど、この舞台を観た後ですから殊更に楽しみで仕方がなく思う今日この頃。
| 映画・演劇・芸能関係 | 23:37 | - | - |
スポンサーサイト
| - | 23:37 | - | - |